トップページ > ふくしま発酵文化研究会
ふくしま 発酵文化研究会
発酵文化研究会とは・・・
城下町、福島市は、他都市同様、味噌・醤油などの醸造業が盛んであり、 漬物文化をはじめ、発酵食品は古くから地域の食文化の一部を形成してきました。
近年、発酵にスポットを当て、地域おこしにつなげる例が多くみられ、地域の伝統的な技術や知恵が凝縮した発酵食品が数多く生み出されています。
「発酵」は、免疫力や抵抗力を高め、放射能から体を守りそして健康の増進につながる効果があるものといわれ、 ふくしまにおいては原発被害の防護の面からも、仮説を立てて取り組むことが必要と考えられます。
高齢化率の上昇とともに、要介護率も高まりを見せる中、「発酵による健康・長寿のまちふくしまを目指す」ことを標榜し、 ハンデのあるふくしまに新たな元気を吹き込むことを目的にして、食育セミナーや発酵食品づくり、先進地視察交流、 そして、全国ネットワークとの情流を通じて一歩一歩地道に活動していきたいと考えています。
お知らせ&最新情報
2016.10.07
発酵食品を活かした地域の活性化
〜地域産業の発展へ〜
→好評のうちに終了致しました
【開催日】
平成28年11月14日(月)13:15〜17:10(12:45開場)
【会  場】
福島市こどもの夢を育む施設こむこむ
1F「わいわいホール」
詳細はこちらから >> チラシPDF(表・裏)
地域に根ざした発酵技術・発酵文化・発酵食品を用いての6次化産業など、発酵食品の可能性のヒントを得ると共に、 人々のニーズに合致した食の重要性と発酵食品の付加価値・産業としての地域の活性化を目指します。
発酵食品を活かした地域の活性化〜地域産業の発展へ〜
2015.05.03
第8回全国発酵食品サミットinふくしま
→好評のうちに終了致しました
【開催日】 平成27年6月20日(土)・21日(日)
【会  場】 こどもの夢を育む施設こむこむ
1Fわいわいホール
詳細はこちらから >> チラシPDF
本サミットは、「発酵」をキーワードとしたまちづくりを展開する全国各地の自治体や団体で集い、連携を深め今後の活動に資するとともに、 地元の皆様と「発酵」について知識を深め、より熟成させていくことを目的として開催するものです。
第八回全国発酵食品サミットinふくしま
2014.01.30
第一回 「味噌力」シンポジウムIN福島
→好評のうちに終了致しました
【開催日時】 平成26年6月5日(木) 13:00〜17:00
【会  場】 福島市上町 福島テルサ FTホール
・多目的ホール(基調講演、パネルディスカッション)
詳細はこちらから >> チラシPDF
2013年6月に開催しました広島大学名誉教授、渡邊敦光先生の「味噌は放射線から体を守る」の講演を受けて、「健康長寿のまち福島を目指す」方策の一環として、ふくしま発酵文化研究会が実施致します。
「味噌力」シンポジウムIN福島
2014.01.18
第一回ふるさと食のフェスティバルIN福島
→好評のうちに終了致しました
平成26年1月23日(木)〜1月26日(日)
場所:中合デパート 7F 催事場
ふるさと産品の実演・即売会・食文化の提案ブース・バイヤーの招聘
分とく山総料理長・野崎洋光氏ほかによる講演や当研究会員による味噌手づくり教室開催予定
ふるさと食のフェスティバルIN福島
現在まで
平成25年12月7日
全国発酵食品サミット・イン・高島市に参加
同、全国発酵のまちづくりネットワーク協議会総会にて委員となる
平成25年10月3日
「発酵文化推進機構」設立総会参加・入会
平成25年9月14日
東京農大名誉教授 小泉武夫先生講演会
その後、先生に当協会の顧問になっていただく
平成25年6月
「味噌力−味噌は放射能から体を守る」講演会を福島市と共催
広島大学名誉教授 渡邊敦光先生 / 福島市民約200名参加
平成25年3月
先進地視察 大崎市 おおさき発酵と食文化研究会
平成25年1月
全国発酵食品サミット
同時に行われた「全国発酵のまちづくりネットワーク協議会」の総会で入会が認められる
平成24年7月
先進地視察 横手市 よこて発酵文化研究所
平成24年3月
東京農大名誉教授 小泉武夫先生講演会に会として参加
平成23年9月
福島県ハイテクプラザ桑田副所長をアドバイザーに、「発酵」の基本からの勉強会
平成23年9月
(社)福島市観光コンベンション協会の内部プロジェクトとして結成さる
活動の様子
横手市視察
H24年7月 横手市視察(1)
横手市視察
H24年7月 横手市視察(2)
大崎市視察
H25年3月 大崎市視察
「味噌力」講演会
H25年6月 「味噌力」講演会
横手市視察
H26年1月 みそ作り教室(1)
横手市視察
H26年1月 みそ作り教室(2)