トップページ > 福島を観光する

【平成28年】大波の三匹獅子

 福島市内に残る唯一の「獅子舞」で、福島市指定の無形民俗文化財であり、大波地区の住吉神社で行われる秋の例祭。
 秋の実りに感謝し、五穀豊穣を祈願するのが目的で、その際に獅子舞が奉納される。
 オヤ獅子、ナカ獅子、コ獅子の三匹と道化役の道六(とうろく)が、御礼の舞、参拝の舞を含めて9曲を奉納する。三匹の獅子と道六は小学生がその役を務めている。続けて鬼舞が行われ、鬼と鍾馗、農民による無言劇を展開する。
 大波地区内4つの集落のうち下組集落の小学生が舞い、中学生が太鼓を担当、地域の民俗芸能を継承してきた。毎年、10月の体育の日前日に行われている。
福島市観光物産協会
ワンポイントアドバイス
【平成28年開催日程】

平成28年10月9日(日)

10:00頃〜宮参り
13:00頃〜獅子舞ならびに鬼舞

本来、踊りは三匹の獅子と道化の道六の4人で舞います。
演目は「宮参り」「らんじょう」「三拍子」「舞ざし」「六拍子」 「弓くぐり」「橋かけ」「雌獅子かけ」がある。
小学生の舞がほほえましく、「橋かけ」の舞は県内でもめずらしい。


※後継者不足の影響により、二匹の獅子舞で舞うことになりました。


その他お祭り・イベント情報はコチラでチェック☆
「秋祭り・イベント特集」
http://www.f-kankou.jp/akimatsuri.htm
福島市観光物産協会
【交通】
電車:JR福島駅下車→福島交通バス(掛田行)→岩崎下車→徒歩5分
車:福島飯坂ICから30分
【開催日】
10月第2日曜日
【問合せ先】
福島市役所 文化課文化財係
024-525-3785