トップページ > 福島を観光する

じょーもぴあ宮畑

宮畑遺跡は福島市岡島地区、月輪小学校の東にある福島工業団地の入り口にあります。縄文時代中期・後期・晩期の、約2,000年間にわたる縄文時代の人々の生活を伝える南東北を代表する縄文時代...
じょーもぴあ宮畑

御倉邸 おぐらてい (旧日本銀行支店長役宅)

 幕末期から絹の集散地として栄えた福島市には、明治32年東北で初めて日本銀行が設置されました。県庁南西の御倉町には、歴代の福島支店長が住んだ住宅があり、一般公開しています。 ...
御倉邸 おぐらてい (旧日本銀行支店長役宅)

旧佐久間邸

 旧佐久間邸は江戸時代に建築されたと推定され、270年以上の星霜を経た建物と伝えられています。屋敷の周りは荒川の水を引き込んだ堀に囲まれ、見事な石垣と合わせて庄屋屋敷の面...
旧佐久間邸

旧堀切邸

 江戸時代から続く豪農・豪商の旧家で県内最古の土蔵「十間蔵(じゅっけんくら)」が現存する歴史的価値の高い建物です。敷地内の離れでは飯坂の情報を発信する案内所があり休み処...
旧堀切邸

アンナガーデン

 福島の西部、吾妻連峰の山麓に位置するアンナガーデンは聖アンナ教会を中心に地ビールレストラン・ヨーロッパ家具・おしゃれな雑貨などを扱うお店が揃っているスポットです。...
アンナガーデン

福島市民家園

 江戸時代中期から明治時代初期にかけての福島県県北地方の民家を中心に、幕末から明治初期にかけての福島有数の割烹旅館で世良修蔵が仙台藩士により連行された場所といわれ...
福島市民家園

中野不動尊

 「中野のお不動さま」と呼ばれ、日本三不動の一つである中野不動尊に恵明道人が山神のお告げによって不動明王を祀り不滅の聖火を灯したのが始まりといわれています。そ...
中野不動尊

岩谷観音

 信夫山の中腹、東側の岸壁に掘られた磨崖仏群で三十三観音、地蔵尊、不動尊など60余対が刻まれている。平安時代の末期から鎌倉時代にかけて、この地を支配していた豪...
岩谷観音

浄楽園

 室町時代の趣を備え池泉廻遊式庭園。約25,000m2の広大な敷地に赤松、五葉松、石を主体に十余年の歳月をかけ完成したもので、アヤメ、スイレン、シャクナゲなど花...
浄楽園

醫王寺(医王寺)

 奥州藤原氏の一門であり飯坂をおさめていた佐藤氏の菩提寺。源平合戦において、佐藤基治(大鳥城主)は、藤原秀衡の命を受け、息子の二人、継信、忠信兄弟を源...
醫王寺(医王寺)

信夫文知摺

 行基菩薩御作の聖観世音菩薩像を本尊とする、史蹟名勝の地「信夫文知摺」はもちずり絹の発祥地として知られ、古今集には「みちのくの しのぶもちずり 誰ゆ...
信夫文知摺

黒岩虚空蔵尊(満願寺)

 「黒岩の虚空蔵様」として親しまれ、定かではないが、約1,200年前に山中大納言植久公が、虚空蔵菩薩を安置したのが始まりとされている。寺の裏手には十...
黒岩虚空蔵尊(満願寺)

小倉寺観音(大蔵寺)

 市内弁天山の麓にあり、坂上田村麻呂が東北鎮護のために行基菩薩を開基したと伝えられている。  寺には国の重要文化財に指定され、平安時代前期の貞...
小倉寺観音(大蔵寺)